国六木材通信

kunirokum.exblog.jp

 

ブログトップ

社内勉強会で 「フラット35」 を学習する

11月29日 第5土曜日 今年2回目の社内勉強会を行いました。

テーマはフラット35の技術基準についてということで講師を建築課の課長代理に担当してもらいました 040.gif

e0336405_15551281.jpg


フラット35は、住宅金融支援機構民間金融機関とが共同で提供する長期固定金利の商品の名称です。

この商品は住宅金融支援機構の定めた技術基準に適合した住宅でないと利用出来ません。

今回、「フラット35の技術基準」を勉強会のテーマに選んだのは得意先の担当者より工事施工におけるフラット35の基準について社員への問いかけがきっかけでした。

通常、当社が得意先から商品や工事の注文を頂くときは、特に「フラット35住宅」用という指定はありませんし、建物の設計の段階で技術基準が検討され設計図に織り込まれていて今まで意識することがなかったのです 039.gif

講師によれば当社が請負っている建築工事の分譲物件は、住宅を購入される方の要望にも応えられるよう「フラット35の技術基準」に適合した建物になっているということでした。

「フラット35の技術基準」は、住宅の建築においてはスタンダードのようですね 034.gif

今回の勉強会で概要ではありますが、「フラット35の技術基準」を確認することができて本当に良かったと思います。

これからも建設業に携わる者として必要な知識を社員で共有できるよう努めていきたいと考えています。


   投稿  K ・ N 040.gif
[PR]
by kuniroku-m | 2014-12-05 16:52 | Comments(0)