国六木材通信

kunirokum.exblog.jp

 

ブログトップ

この本がきっかけで・・・・

e0336405_13311651.jpg  新聞広告にたびたび載っていたので読んでみました。
  103歳の方はどんなことを考えているのだろう、また何もかも
  悟ってしまうものかとも思いましたが、意外に年齢的な特徴を感
  じない内容でした。きっと80代、70代、60代でもきっと同じ
  ようなことを考えていたのだろうと想像します。
  芸術家ならではの自由で前向きな発想で、とても頭がさえてい
  るのでしょうね。
  篠田桃紅さんの両親は岐阜の方で、関市役所の上層階に篠田         
  桃紅美術館があります。
  先日見学しようと行ってみましたが、生憎企画展をやっていて見
  ることができませんでした。
  しかし、そこの優しくて一生懸命なお姉さんが岐阜現代美術館
  に展示してあることを教えてくれました。


e0336405_13333648.jpgそこで日を改めて行ってみました。
そこはあの有名なナベヤグループ・鍋屋バイテックの工場内でした。すばらしい。きれい。立派!






e0336405_13322419.jpg手摺のスロープを上がったら玄関です。
カッコイイ!
日曜日はお休みで誰も居ませんでしたが、鍵が開いていて照明も点いていたので勝手に入りました。(ごめんなさい)





e0336405_13331306.jpge0336405_13330301.jpge0336405_13323667.jpge0336405_13325203.jpg















池越しにお客さん用か?社員用か?ラウンジも有ります。     オブジェも有ります。
e0336405_13332740.jpge0336405_13315771.jpg







篠田桃紅さんも言ってみえますが、芸術はそれぞれの感性で見れば良い。
素晴らしいと思えばその人にとってそれは良い芸術であって、どうかなと思えばその人には合わないだけ。(今回は後者か?)
しかしこんな余裕のある会社になれるといいな~。

by takenaka

[PR]
by kuniroku-m | 2015-07-01 14:03 | Comments(0)