国六木材通信

kunirokum.exblog.jp

 

ブログトップ

永平寺参拝

父の四十九日の法要も無事に終わり、福井県に有る曹洞宗大本山永平寺に供養に行って来ました。

e0336405_17471177.jpg


永平寺は1244年に道元禅師によって開かれた座禅修行の道場です。

四方を山に囲まれた地に大小70余りの建物が並んでいます。
e0336405_17485401.jpg


龍門より
e0336405_17512272.jpg

進んでいくと唐門があり、
e0336405_17520299.jpg

その奥に四天王が安置された山門。

ここが修行僧、雲水(うんすい)の入門する場となります。

残念ながら雲水の写真は撮影禁止の為ありませんが、すれ違ってもとにかく礼儀正しい。

(何もしゃべりませんが・・・)

雲水の一日は午前3時半に起床、まず座禅そして朝のお勤めの読経をする法堂(はっとう)
e0336405_17530498.jpg

その後は回廊の雑巾がけや庭掃除などをする作務(さむ)。


階段・回廊は滑りそうになるほどのぴかぴかです。
e0336405_17535160.jpg
また庭の手入れも素晴らしい。

e0336405_17541822.jpg
e0336405_17550794.jpg
e0336405_17551859.jpg

秋の紅葉の時期はさぞかし綺麗でしょう。また真冬の雪景色もいいかも・・・

永平寺へは岐阜市から東海北陸道、白鳥経由で約150km、北陸道米原経由で約170Kmです。

一度訪ねてみてはいかがですか。

投稿 F・S


[PR]
by kuniroku-m | 2017-09-22 16:00 | Comments(0)