国六木材通信

kunirokum.exblog.jp

 

ブログトップ

<   2015年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

伊吹山ミッドナイト登山

 日の出を見るぞ~?という事で、深夜登山をしました。
9月20日の早朝と言いますか、深夜と言いますか、0時30分からの伊吹山登山です。
昼寝をいっぱいして、準備万端。参加者は NさんとGさんの二人ぽっちです。
 三ノ宮神社上部駐車場は、四・五十台は停められる広さですが、我々の車以外は、一台だけ。それも 静岡ナンバーで、車中で仮眠しているようでした。
話をするのも声を落とし、音をたてないようにしながらの出発です。神社横で登山届を提出、環境対策費を収めて、登山道を登りました。
一合目までは杉林の中、本当に 真っ暗で静かでした。ヘッドランプだけが頼りです。一合目は旧スキー場の売店など有るところですが、真っ暗。075.gif075.gif075.gif
e0336405_20415188.jpg
 さらに登り、三合目を過ぎた所で、フッと『伊吹山は昔から怨霊なんかが出る所なんだよな~、丑三つ時だし』と思った時、左側、2~3mはなれた所に、赤い点が二つ。『ゲ!、デタ~~』025.gif025.gif025.gif
『Nさん、左、ヒダリ。な・なんかおる』
『お、鹿だ。ヘッドランプで目が光っとる、静かに離れないと襲ってくるぞー』『ゲ!、ゲ!』081.gif
さっさと歩け、歩けで、何事も無く通過したが、本当にビックリシタナモウ~~。007.gif

 八合目付近から、長浜市方面が良く見え、夜景が美しかった。
e0336405_21090201.jpg
 頂上に着いたのが 5時10分ごろ。日の出予定が 5時36分の為、余裕です。そこで、見晴らしの良さそうな東の方へ移動。ここで待つことに。
しかし、寒い。防寒具を着用。それでも寒い。気温は10度ぐらいだろうか?
寒い中待つ、少しずつ明るくなってきたが、東方面の下部だけ、雲が有る。頭上は晴れてるのに。これでは、日の出が見えない、雲よ消えろ。
日の出予定時刻なっても見えない。やっぱ下の方の雲が邪魔・・・015.gif015.gif
e0336405_21201220.jpg
 あきらめて、売店横で、朝食。その間に雲より太陽が昇ってきた。これも一応、日の出かな?
e0336405_21240351.jpg
  頂上からの崖下を見ると、鹿の群れ。十頭ぐらいいたかな。
e0336405_21261523.jpg
 6時40分ぐらいから下山開始。とっとこ下る。人と合わない。おかしいな。登りの人が来るはずだが?どんどん下る。四合目からさらに下って行くと、やっと登りの人が出てきた。それから、どんどん増える。さすが連休、人がどんどん登ってくる。登り優先で待つと、ず~と立ち止まるぐらい。合間をぬって下る。
  
e0336405_21380167.jpg
                 高山植物 名前は不明
e0336405_21382103.jpg
e0336405_21384526.jpg
 三ノ宮神社上部駐車場到着が、8時50分。満車!三重、尾張小牧、泉ナンバーと遠方から来ているよう。観光バスから降りてくる登山者もいる。スゲ~~。早めの下山で良かった~。
 伊吹山登山道は、南斜面を登るため、特に夏場は深夜登山が多いとか。そして、日の出。今回は日の出が見えなかったので、再挑戦、だな。これからは冬山になるので、来年かな~?いかがですか、あなたも。066.gif
                                             投稿 M・G

[PR]
by kuniroku-m | 2015-09-29 16:23 | Comments(0)

KUNIROKU-M プティ美術館

みなさんご存知でしょうか? 本社3F通路に飾ってあるこの絵が何なのか。

これは、1967,4,29 にふらっと立ち寄った絵描きが描いた、当時の国六木材・本社事務所の絵です。

約50年まえの事務所と倉庫は増改築を繰り返し今でも少し面影が残っています。

いくらかで買って上げたと聞いておりますが、Takeuchiさん、今はどうしているのでしょう?

e0336405_16485602.jpg







当社の本社社屋は1995,7,1に竣工しました。

これは、当時お世話になっておりました経営コンサルタント・伊藤経営研究所・伊藤所長から戴いたお祝いの絵です。

現在、当社が毎年行っている方針管理の手法を教えてくれた先生です。

3F会議室に飾ってあるので一度ご覧ください。題名は馬が9頭で「うまくいく」です。


e0336405_16491503.jpg



                     by takenaka


[PR]
by kuniroku-m | 2015-09-18 18:01 | Comments(0)
第6弾
「佐川美術館」
遠くに比叡山や比良山を仰ぎ、目前に琵琶湖をのぞむ位置にあります!!

あいかわらず、こんな所にあるの?って感じですが・・・・009.gif
駅から離れていますが、バスは出ています🚌=3 🚌=3

e0336405_14484328.jpg
佐川美術館は、
設立母体の佐川急便株式会社が、創業40周年記念事業の一環として1998年に建設されたそうです058.gif


チケット売り場から中に入れば、外とは違った雰囲気005.gif
敷地の大部分を占めるのは、水庭に浮かぶようにたたずむ3棟の建物です!!
e0336405_14480116.jpg
所々に像が配置してあります071.gif
e0336405_14482974.jpg
入口までの通路070.gif
e0336405_14483771.jpg
佐川美術館は
「東西文化交流の道、出会い」「継ぎなる道、出会い」をテーマにしています!!
館内はさすがに撮影できないので、文章でご案内034.gif

主に4つのエリアに分かれています!!

【平山郁夫館】

「平和の祈り」と名づけられ、仏教伝来をテーマに「シルクロードシリーズ」を描き続ける、平山郁夫氏の所蔵作品300点余りのなかから、展示テーマに合わせ て作品を展示されています!!

【佐藤忠良館】
「ブロンズの詩」と名づけられ、世界的に高い評価を得ている佐藤忠良氏の70年以上にわたる創作活動を紹介されています!!

【樂吉左衛門館】
「守破離」をコンセプトに、美術館としては珍しい水庭に埋設された地下展示と、水庭に浮かぶように建設された茶室の2つで構成されています!!
(※守破離…千利休の「規短作法 守りつくして 破るとも 離るるとても 本をわするな」からきた言葉)

茶室もガイドの方の案内で30分ほど見学できます✨✨
(見学は要予約。木曜・金曜・土曜・日曜の週末のみ)
茶室は樂氏自らが設計の創案を行ったそうです027.gif
水没する小間と水の中に浮かぶ広間からなり、広間の床の高さは水庭の水面と可能な限り同じレベルを保つように考えられているらしいです060.gif
せっかくなので一度は見学してみたいものです003.gif

常設展の他に企画展もされています!!

私が行った時は
「キース・へリング展」でした(9月23日まで)056.gif
今回はこの企画展が見たくて行ったんですけどね(笑)
e0336405_14485577.jpg
随時、色々企画展もされているので要チェックです!!

館内にはカフェもあるので、疲れた時は休憩するのもいいかもしれません012.gif
e0336405_14484994.jpg
芸術の秋を先どってみました✎✎✎
芸術って本当に難しいものです007.gif
美術館ってだけで苦手意識のある人もいるかもしれませんが・・・
雰囲気を味わって、落ち着いた時間を過ごす場所って考えたら悪くないのかなぁと思います!!



余談。。。

佐川美術館近くの大型ショッピングモール「ピエリ守山」072.gif
少し前に、ネット上で話題になった場所・・・
「明るい廃墟」として(笑)
そんな「ピエリ守山」も昨年リニューアルオープンしております023.gif
現在がどんな状況か見に行ってみるのも面白いのではないかと!!



滋賀営業所 Y

[PR]
by kuniroku-m | 2015-09-15 10:27 | Comments(0)

新選組ゆかりの地へ

先日、新選組ゆかりの地、壬生寺・八木邸・旧前川邸へ行ってきました。003.gif

NHKの大河ドラマ新選組!が放送された2004年から実は一度は行ってみたいと思っていた場所なのです。074.gif

京都駅からバスで20分ぐらいの所に壬生寺道というバス停があり、

バス停からは歩いてすぐの所に壬生寺・八木邸・旧前川邸が隣接していました。

e0336405_16534995.jpg

最初に壬生寺へ行きました。壬生寺は新選組ファンの方には、聖地のようなお寺だそうです。053.gif

このお寺でかつて新選組が兵法調練場として使われており、

武芸などの訓練が行なわれていた場所です。

壬生寺の門をくぐってすぐ右側に阿弥陀堂があり、正面奥に本堂があります。

e0336405_16542715.jpg

阿弥陀堂から中庭へでることが出来ます。

中庭へでるとすぐ朱塗りのきれいな橋がかかっており池の中には龍と

たくさんの亀がいました。

e0336405_16545974.jpg

橋を渡ると壬生塚と呼ばれる新撰組隊士のお墓があります。

新選組局長 近藤勇の胸像と遺髪塔

e0336405_09171159.jpg

新選組屯所で暗殺された新選組局長の芹沢鴨と隊士平山五郎の墓、勘定方 河合耆三郎の墓、池田屋騒動でなくなった隊士3名を含む7名の合祀墓、あゝ新選組の歌碑がありました。

e0336405_16595619.jpg

そして本堂でお参りをし、いつものように御朱印を頂きました。壬生寺では3種類ありましたが今回は2種類を頂きました。

e0336405_17001708.jpg

そして壬生屯所遺蹟八木邸へ行きました。

そうです!ここは芹沢鴨が暗殺された所です。008.gif

こちらは残念ながら撮影は入口までで内部の撮影は禁止でしたので写真はありません。018.gif

本玄関から入り中の間、奥の間へ通されました。

ここで20分ぐらい、ガイドの方から新選組について説明をしてもらいました。

文久3916日 どしゃぶりの深夜筆頭局長 芹沢鴨、

さらに芹沢と同じ床にいためかけのお梅と芹沢とついたてを隔てて寝ていた

平山五郎も首がきられて亡くなっていたそうです。007.gif

そして隣の部屋の鴨居に犯人がつけたとみられる刀傷があり

その下に小机が置いていたことから芹沢は隣の部屋に逃げこんだ時に

小机に脚をとられ倒れた所でとどめを刺されたと見られています。

犯人は逃走したが「新選組始末記」によると犯人は土方の他沖田総司、山南敬助、原田左之助の名を挙げているそうです。

実際に芹沢鴨らが寝ていた部屋で説明を聞き、隣の部屋では刀傷を見ました。

以前はなかったようですが、最近は見学客が触れないようにカバーがしてありました。

そして入口には芹沢が脚をとられた小机もありました。


新選組の屯所なので大邸宅を想像していましたが実際はこぢんまりとした普通の屋敷で刀を振り回わすには天井も低く狭い空間だと知り、恐怖を感じました。

そして実際の部屋で臨場感たっぷりにわかりやすく説明をしてくれ、大変勉強になりました。040.gif040.gif040.gif

e0336405_17011216.jpg

八木邸の門の前には八木家の現在のご主人が営む和菓子屋さんがあり

そこでお抹茶と屯所餅を頂きました。見学料とお茶のセットになっています。(大人1000円)

そしてもちろん店内にはちゃっかり新選組グッズが置いてあったので思わず私も買ってしまいました。

e0336405_09213701.jpg

次は旧前川邸です。こちらは現在公開しておらず、土日のみ玄関でオリジナルグッズを販売していました。

e0336405_17030090.jpeg

NHKの大河ドラマが終わってから10年ほどが経ち、

京都は何度も訪れていますが、やっと今回10年越しに新選組ゆかりの地へ行くことができました。006.gif

新選組は当初「維新の志士たちを次々に切り殺し、京の町を恐怖のどん底に陥れたテロリスト集団」だったようですが

今では幕末のヒーローとして人気が沸騰しています。075.gif

でも実際本当はどうだったのか?今回新選組のゆかりの地を訪れてみて、新選組の事をもっと知りたいと思いました。


投稿 T・Y 059.gif


[PR]
by kuniroku-m | 2015-09-09 11:31 | Comments(0)