国六木材通信

kunirokum.exblog.jp

 

ブログトップ
平成30年の初日の出を拝みに百百が峰に登りました。
三田洞駐車場を早朝の5:40ごろに出発。

ところが、170.pngガスっていて…122.png
「今日はダメか?」と思いながらも、ともかく登る。

でも頂上に着くころには晴れてきました。106.png

そして、寒さに震えながら、待つこと十数分。


御来光です。
e0336405_17561476.jpg


頂上から周囲を眺めれば、雲海です。

なかなか見ることが出来ないので感激です。103.png
e0336405_17552743.jpg
頂上から古津方向です



e0336405_17443312.jpg
下山途中の高富方向です

 
本年もよろしくお付き合いください。

                                              
                                               投稿 M.G

[PR]
# by kuniroku-m | 2018-01-09 13:03 | Comments(0)
e0336405_14422561.jpg新しい年を迎え、新年のご挨拶を申し上げます。

旧年中は皆様方には大変お世話になりありがとうございます。

本年も一生懸命頑張りますので何卒よろしくお願い申し上げます。

年明け早々少し寒い正月となりましたが、年末年始は天候に恵まれ良いスタートが切れたこと喜んでおります。

今年は戌年です。相場の世界の格言では”未辛抱、申酉騒ぐ、戌笑い、亥固まる”という言葉があるそうですが、まさに東証の大発会では740円超の値上がりで日経株価の幕開けとなりました。このまま来年まで景気が良いことを期待したいと思いますが、我々はどんな環境の中でも顧客満足を追求し、長いお付き合いをして頂けるよう懸命に努力しなくてはいけないと思ってます。

私は今年、年男で還暦で厄年です。まだまだ若いと思っておりますが、そろそろ世代交代も考えないといけない年となってまいりました。日本の中小企業の後継者不足も社会問題となってきておりますが、世襲にはあまりこだわらず幅広い考え方で次に繋げたらと考えております。

そのときが来るまでに、今よりもっと一体感があり堅固な組織にして同じ目標に向かって突き進めるようにしたいと思います。若い人や女性もリーダーになりみんなを引っ張っていけるような社風にしたいと思います。

60歳の節目に当たり、これからも頑張ってやっていく所存でございますので、どうか長いお付き合いをして頂けますよう今後ともよろしくお願いいたします。              by takenaka








[PR]
# by kuniroku-m | 2018-01-05 16:54 | Comments(0)
いつも当社のブログをご覧いただきありがとうございます。
2017年も大変お世話になりました。
今日で今年の営業は終わりです。

2018年もよろしくお願い申し上げます。
それでは年末年始休業日のお知らせです。


年末年始休業日

平成29年12月28日(木)午前11:00~ 平成30年1月4日(木) まで


営業開始

平成30年1月5日(金) 午後1:00~


来年も会社の行事や社員の日々の生活など、いろいろと書いていこうと
思っております。040.gif

お休み中なにかとご不便をおかけしますが宜しくお願いします。

それではお元気で新春をお迎えられますよう心よりお祈り申し上げます。

e0336405_20444308.jpeg

投稿 SO-MU 056.gif


[PR]
# by kuniroku-m | 2017-12-28 10:00 | Comments(0)

久し振りの登山 竜ヶ岳

12月初め久し振りに山歩きにGさんと二人で行ってきました。
家の事情と個人的な事情で予定が噛み合わず、半年振りの登山となりました。  

向かったお山は鈴鹿セブンマウンテンの竜ヶ岳で標高1,099.6mです。
宇賀渓キャンプ場駐車場(500円/日)に止め出発!102.png
e0336405_20572454.jpg
ザレ場もゆっくりと慎重に登ります。105.png  
e0336405_20582434.jpg
標高が高くなると雪道も出てきて、テンションUP136.png  
e0336405_20593875.jpg
頂上が見えて来た所に 樹氷 のお出迎え!! 無茶苦茶綺麗でした。113.png
e0336405_07595157.jpg
e0336405_21243112.jpg
e0336405_08003585.jpg
e0336405_21003804.jpg
歩き始めから3時間半で山頂到着! 

氷点下と強風で寒過ぎる為140.png即下山145.png
下山は違うルートを使って風景を楽しみます。
e0336405_21011849.jpg
年寄りは高い所が好き? 私も登りましたけど楽しいですよ129.png
e0336405_21014491.jpg
寒かったけど汗かきまくりの絞りまくりで約12kmの3万5千歩超えの山歩きでした。
次は何時行けるかな?・・・177.png

投稿 N.S

[PR]
# by kuniroku-m | 2017-12-14 17:45 | Comments(0)

12月の紅葉を求めて

12月に入り、終わりかけの紅葉を見ようと
自宅から北西方面へと出かけました。

最初に着いたのはミイラで有名な横蔵寺です。
写真におさめる風景が見当たりませんでしたが
とりあえず1枚。
e0336405_20280959.jpg


次に向かう途中に道の駅がありましたので、
とりあえず寄り道です。

e0336405_20283674.jpg


大きな広場がありその奥は綺麗な紅葉でした。

e0336405_20303980.jpg
e0336405_20354178.jpg


次は本日の目的地の谷汲です。
参道に入る手前の道沿いに柿の木がありましたので、
とりあえず1枚。

e0336405_20310365.jpg


谷汲山華厳寺に着きました。
参道を歩く途中には「もみじまつり」の幟(のぼり)がありましたが、
11月に行われたみたいでした。

本堂の近くまで階段を上ると、
10月に来た台風の影響で根元から折れたモミの木が…

樹齢およそ300年、高さ約30メートルの巨木が
幾つにも切られて横たわっていました。149.png

e0336405_20314488.jpg
e0336405_20315319.jpg
e0336405_20320456.jpg


毎年初詣に来たときには奥に見える鐘堂で鐘を突いて
帰るのですが、その前にあったモミの木が...145.png

e0336405_20321459.jpg


いつもなら行かない本堂の奥へ行ってみると、
9月に会社の親睦会で行った信楽を想い出させる
タヌキが

e0336405_20323153.jpg
e0336405_20323851.jpg
e0336405_20324218.jpg


更にその奥へと行くと何やら看板がありました。

e0336405_20330838.jpg


分かりづらいかもしれませんが滝でした。
e0336405_20331372.jpg

紅葉とは離れた話題になりましたので、
最後はどこの場所かはわかりませんが、
道中で撮った紅葉で終わりたいと思います。

e0336405_20311972.jpg

12月の楽しい日曜日でした109.png 

             投稿 H.N



[PR]
# by kuniroku-m | 2017-12-08 14:42 | Comments(0)

ぶらっと450マイル

先日 暖かいところへでもと 三重県側から 海岸線沿いに和歌山市の方まで行ってきました。

まずは 那智の滝へ行き 同行した者が 御朱印とやらをもらっておりました。
西国三十三ヶ所の 1番だそうですが 全く興味のない私は ブラブラしていたわけですが 那智黒飴ソフトなる物を見つけたので 食べました101.png

ちなみに 西国三十三ヶ所の最後が岐阜の谷汲だそうです。

e0336405_14270739.jpg
新宮市を後に R42を南下して 途中 シーシェパードで有名になった 太地町を通り過ぎ 橋杭岩で休憩
e0336405_14280372.jpg
そこから ほど近い 潮岬で 本州最南端を満喫(-_-) 
e0336405_14280931.jpg
e0336405_14522115.jpg
次に 訪れたのが 東尋坊???三段壁洞窟という所でした。 
こんなところ知りませんでした(´・ω・`) 

写真の右下に洞窟があり 降りる事ができました。


e0336405_14272040.jpg
e0336405_14275137.jpg
なんでも 熊野水軍の基地になっていたようで そのような説明と展示がしてありました。
e0336405_14274481.jpg
e0336405_14273836.jpg
白浜町から 和歌山市 奈良県天理 三重県亀山 と帰っていくわけですが 
自動車専用道路もかなり繋がり便利になりました。
しかも無料区間が多く助かります。

昔は 和歌山というと日帰りなんて無理と思っていましたが 行けるものです。
みなさんもいかがですか(^ν^)

                                        投稿 滋賀営業所 K.Y


[PR]
# by kuniroku-m | 2017-12-01 16:15 | Comments(0)

京都大学総合博物館

11月の初めに京都大学総合博物館を見学する目的で出かけ、ついでに京都大学構内も歩いてきました。紅葉の季節でさぞかし混むだろうと思い、大津に車を停め電車で行きましたが予想が外れてスキスキでした。さすが日本を代表する大学、立派です。
e0336405_10574231.jpg

京大の博物館は有料なんですね、400円/人取られました。
e0336405_10580264.jpg

てんかんの病を持つ方達の作品を見てきましたが、才能のある方が多いそうです。お医者さんのコメントにありましたが、てんかんは普通皮膚などにできるキズと同じように、色々な原因で脳にキズができ、それが繊細な場所なのでいろんな形で症状に表れると書いてありました。そして場所が場所なだけに治るのにとても時間が掛かるそうです。ある作品の作者のコメントにありましたが、その方は自分で発作の原因をいくつか掴み克服したと書いていました。それは他の心理的病に通じるものの様な気がしました。
e0336405_10582405.jpg

博物館は常設展示場を含めると相当な大きさでした。そこを出てブラブラ歩いていると、とてもモダンな京都大学構内には不似合いの古びた建物が目に入ってきました。京都大学・吉田寮です。築100年以上の歴史的建築物で純粋な大学所有の学生寮。
e0336405_10584702.jpg

玄関から少し入ってみると、そこはタイムマシンで過去に舞い戻ったような気分のする戦前の世界がありました。怖いんです。この建物のことを知らなかったのでネットで調べてみると歴史的出来事がたくさんあるようです。思想的な部分もあるようなのでこれ以上は書けません。しかし今でも学生が住んでいて出入りする人を何人も見かけましたが、普通の若者だったので安心しました。
e0336405_10590474.jpg

帰り道の紅葉はひときわ綺麗に見えました。    by takenaka
e0336405_11432017.jpg


[PR]
# by kuniroku-m | 2017-11-29 15:20 | Comments(0)